4月5日 弁慶橋 ボートハウスのこと

20130405_kioi17昨日ご紹介した弁慶橋ボート場の追記です。 改めて対岸から見てみると50年前の「ボートハウス」は「BOAT HOUSE」となっていました。 都会のど真ん中とは思えない、長閑な時間が流れていました。 都会のオアシスと言っても良いのではないでしょうか?

 そして気になったのが、ボートハウス入口横の小道。 「弁慶堀遊歩道」となっています。 ニューオータニの敷地の一部(濠に面した部分)を一般に公開していたようです。 加藤清正公の江戸屋敷跡、そして旧伏見邸跡であるニューオータニの庭園を散歩できる道があったなんて!! しかし、残念ながら現在は崩落や倒木が発生で一時閉鎖中となっています。 再開が待ち遠しい限りです。

20130405_kioi1620130405_kioi15