雨に地震、こんな時は桜の詩

4月11日(月) 気温 16℃前後 曇りのち雨

chidori11040501雨で撮影に行けないと思っていたところ思わず大きな地震。 本当に東北の方がお気の毒で・・・、言葉が見つかりません。

 

 

 

2005年にヒットしたコブクロの「桜」から抜粋
人はみな心の岸辺に 
手放したくない花がある
それはたくましい花じゃなく 
儚く揺れる一輪花
花びらの数と同じだけ 
生きていく強さを感じる
嵐吹く風に打たれても 
やまない雨は無いはずと
桜の花びら散るたびに 
届かぬ思いがまた一つ 涙と笑顔に消されてく 
そしてまた大人になった 追いかけるだけの悲しみは 
強く清らかな悲しみは いつまでも変わることの無い 
君の中に 
僕の中に咲く 
LOVE・・・ 名も無い花には名前を付けましょう 
この世に一つしかない 冬の寒さに打ちひしがれないように 
誰かの声でまた起き上がれるように

————————————————————–

chidori11041101桜の花言葉は「貴方に微笑む」。 千鳥ケ淵の桜は、週末の風にもめげず元気に咲いています。 田安門前で風に舞う桜も息をのむ美しさです。 まだまだ、ここ数日は見頃です。